読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実家をリフォームして住もうと思っているのだが

実家の二世帯リフォームについて色々考える育児&双子妊娠中の主婦のメモ

ブログを作りました

初めての記事です。

ささみという育児中の主婦ですが、いずれ実家に住むために実家の二世帯リフォームを考えています。

 

 

さて、リフォームセミナー(という名の宣伝)に行ったとき、リフォームを散々こなしたという一級建築士の先生が仰りました。

 

 

「リフォームの主目的を見失うな」

 

 

せやな。めっちゃ分かる。

やっぱりリフォームの話を進めるうち皆さんアレもコレもとなり当初の目的から逸れたところにお金を使っちゃったり、後から出てきた主ではない目的を優先しちゃったりして、それが後悔に繋がるらしい。(後から出てきた目的が主目的になるのが悪いわけではなく、冷静を欠いたり焦ったりして主目的を見誤るのがマズい)

 

 

というわけで、現在の実家の問題点と目的を書き出して優先順位を吟味していこうと思ってまず目的と優先順位のカテゴリーを作ったわけです。

まあどんどん変わるんだろうけど、書き出しとけば後で見直せるし。

 

 

取り敢えず何で実家に住もうと思ったのかを。

 

相続する土地があるのに土地を買うのは勿体無い

まず旦那は末っ子ですでに旦那実家が持っている土地は義兄一家さんが使っております。義両親は健在ですのでそこの土地は頂けない上、ちょっと不便すぎる立地です。

一方私は一人っ子。父はすでに故人、実家に住んでいるのは母一人。実家もその土地も確実に(死ななければ)私が相続するもの。しかも隣の土地も母のもの。しかし現在親戚に土地を貸していて、家を建てたいので出て行けなどと言えない良好な関係なので使えません。

 

土地が高い

私の住んでいる一帯は田舎のくせに土地が高い!

電車に乗ってしまえば栄えている地域(県の中心部)にアクセスが良いのに平地が少ないのが主たる原因だと思ってる。というか平地が少ないから栄えないんだなあ。

無理なく買える所は駅からがっつり離れ、平地でもない所、というか山の上ばかり。 

まあそもそも良い場所は滅多に売りに出ないんだけどw

□実家リフォームなら

実家は駅に近く、平地ではないものの自転車で上がれる程度の坂、土砂崩れに巻き込まれる可能性も川の氾濫に巻き込まれる可能性も低い、しかも地盤も悪くない。(但し車が入れないという巨大な欠点もあるw故に売っても大した値段にはならないと思われる)

 

家建てるのも高い

憧れの工務店があります。そこは北欧の家造りを絶妙に日本にあうようにした所で、建材や設備のチョイスが合理的かつデザインセンスがすんばらしい!もう一目惚れ!

もー絶対ここで注文住宅建てたーい!ってなったわけだけど、3500万はヨユーで超えちゃう……土地+その金額は死ぬ!

妥協して安いところでとも思ったけれど、ハイセンスな家の後で安っぽいのを見ちゃうと……。

□実家リフォームなら

建てるよりはオサレな仕様に出来るはず。勿論間取りの制約などはあるけども。

安いハウスメーカーでも今は災害に強い家は建つだろうけど、実家は時代もあってか建材にこだわったらしく、耐震等手を入れれば問題ないんじゃないかと希望を持ってます。

 

母の老後が心配

母は一人暮らしの上、持病が悪化すれば生活に困難が生じる可能性が。

娘に介護を求める人じゃないし、施設に入ることに抵抗もないけど、介護施設は需要に対して供給が少ないもの。不自由になっても入れない可能性は大きい。

 

というわけで実家をリフォームして住もうという発想になったのです。

なおこの提案に対して旦那は別にいいよーなかるぅい返答だったので少々怖いwほんとにええんか?